イギリス留学に必要なIELTSを独学で攻略|効果的な対策とは

イギリスの大学に留学するにはいくつかのオプションが用意されています。

 

高校卒業後にイギリスの大学に入学する場合には、
大学進学前にファウンデーションプログラムを受講しなければなりません。

 

日本の大学の1年次を修了している場合には直接大学へ入学が可能です。

 

この場合、英語力やスタディスキルに不安があれば
インターナショナル・ディプロマ・プログラムを受講し
大学の2年次に編入するというコースもあります。

 

いずれにしても入学するには要求されるIELTSスコアを
クリアする必要があります。

 

イギリスの大学は日本の大学のように一般教養課程がなく
すぐに専門的な勉強が始まって、通常3年制となっています。

 

つまり、イギリスでは高校在籍中に日本の大学の1年生で
勉強するような一般教養課程は修了しているのです。

 

ですから、日本の高校を卒業後、イギリスの大学へ
直接入学することはできないシステムになっているのですね。

 

留学生向けの大学進学準備コースである
ファウンデーションコースを修了すると
イギリスの大学の1年次に入学することができます。

 

ファウンデーションではアカデミックな英語力を伸ばすだけでなく
大学教育を受けるために必要なスタディ・スキルを学んでいきます。

 

つまり、英語でノートを取る方法、講義の聞き方、ディスカッションのしかた、
エッセイの書き方、速読のスキル、リサーチや発表の仕方などを習得するのです。

 

ファウンデーションプログラムは大学が提供しているプログラムと
語学学校や専門学校が提供しているプログラムがあります。

 

基本的には進学したい大学が決まっている場合には
その大学のファウンデーションコースに入学するといいでしょう。

 

ただし、大学のファウンデーションコース入学で要求される
IELTSスコアは5.5以上のところが多くなってます。

 

語学学校や専門学校のファウンデーションコースの場合には
複数の大学やカレッジと提携していることが多く、
提携校のどこかに進学することが可能で、
入学してから進学先の大学をじっくりと選ぶことができます。

 

要求されるIELTSスコアは若干低めになっています。

 

いずれにしても要求されるIELTSスコアをクリアしなければ
入学することはできないのです。

 

ファウンデーションコースで要求されるIELTSスコアには
幅がありますが、なるべく高いスコアをとっておいたほうが
大学の入学基準を満たすスコアもとりやすくなるでしょう。

 

大学留学の夢を叶えるにはIELTS対策からといっても
過言ではありません。

 

IELTSはあくまでもテストなので、効果的なテスト対策で
勉強すれば高スコアをとることもできるのです。

 

よい教材と地道な努力を続ければ独学でIELTS攻略も可能です。

 

IELTS最短攻略法はIELTSの問題形式を日本語で詳しく解説してあり、
特典としてついてくるIELTS講師作成の本番形式の問題集で
繰り返し練習することができます。

 

テストの特徴を理解した上で効果的な対策をたてて
ポイントをおさえた勉強方法を実践することで
独学でもスコアアップが可能なテストがIELTSなのです。

 

独習に特化したIELTS対策教材であるIELTS最短攻略法を使えば
イギリス留学の夢を叶える第一歩として
必要なIELTSスコアを獲得することができることでしょう。

1カ月で7.0をクリアしたIELTS対策教材

更新履歴